100万人のウイグル人を強制収容所から救え!3/17 日本ウイグル協会 講演会 その①

さて、前回、場所は分かってもらえたかな?

ここね。中国はしっこ。

イスマイルさん

2016年10月。すでに現地では友達が収容所で暮らしていました。僕の故郷は小さな町なんですけど、800人が収容所に入れられています。僕が暮らしていた当時の町長が800人の人間を逮捕せざるを得なかったということを、話していました(各地域でノルマがあるらしい)僕も10人家族なんですけど、2人の兄が収容所に入れられています。共産党が言うには「職業訓練施設」というのですが、兄はウイグルの高名な詩人で、もう一人の兄も大学教授で書いた本を10冊くらい出している。その上でラジオ局の編集委員でもある。そういう人に「職業訓練をさせる」というのはどう考えてもバカげている。おそらく、最後にはウイグル人全員がこのような状況になる。こういうあまりにも酷いことを圧力をかけてやめさせて欲しい。

ウイグルの現状をもっと世界に知って欲しい。今まで私たちは世論の力でウイグル・チベット・モンゴルの問題を軽くしようと期待していましたが逆でした。今は曲がりなりにも21世紀、ここまでやる(絶滅収容所を建てて民族浄化をすること)とは思っていなかった。この国からたった6000キロ離れている家族に会えない、電話一本かかってくればすぐに収容所に入れられてしまう。そしてもう二度と会えない。国際ルールにしたがい、ウイグルを救う組織を作る。今日は著名な博士2人を呼びました。キャンプに入れられている同胞。また、両親を共産党に奪われた子供たち。今日は少し長くはなりますが、最後までよろしくお願いいたします。

職業訓練施設の中身。まるで拘置所みたいw

エリキン・スデック博士

今、ウイグル問題は「文化的虐殺」から「組織的虐殺」に移行しようとしています。2015年のデータがウイグル族1100万、国外も合わせればだいたい2000万人くらいだと思います。それが2018年、とある中国の高官が秘密裏に言うには700万くらいだと。300万人どこへやったのか。そこが問題です。ウイグル族、少数民族の正確なデータは中国の国家機密なのです。

ウイグル人は2000年以上の歴史を持つ民族です。934年にイスラムが入り、14世紀には完全にイスラム化。清朝が1876年軍事侵攻を行い。1884年に新疆(新しく手に入れた土地と言う意味)という地名を作りました。そのあと、国の再建を試みて1933年と1944年の二度にわたり独立宣言をしましたが、無理でした。1949年20万人の兵士で共産党が侵攻。新疆ウイグル自治区という行政を作りました。

豊かな自然と豊富な地下資源を持ち、石油は150億バレル。天然ガスは23、5億立方メートル。また中国で生産する石炭の40%が採掘されています。また世界で使うケチャップの5%はウイグル自治区産です。それなのに、平均月収はいちばん貧しい地区で12ドル程度。資源は豊富にあるのにウイグル人自身は使えないのです、もし使えればクゥエートと同じくらい豊かな暮らしができるでしょう。

中国の目的はただひとつ「ウイグル人を地球上から消し去ること」です。

中国が行っているウイグル人への施策は4つ

一、同化政策

二、肉体的・精神的な面での破壊

三、人口を増やさない→夫婦を一緒に暮らさせない(収容所では男女別)

※15歳以上の女性には全部クスリを飲ませて生理を止めている。

四、殺害(大量虐殺)

300万人が収容所・刑務所・孤児院に入れられている。親が収容所に入れられている孤児は50万人と言われている。寄宿制の学校に入れて数ヶ月親元に戻さない。そのような家族の分断が行われている。

中国は収容所のことを「職業訓練センター」と呼んでいるが、事実上の絶滅収容所である。収容所の場所は人が住んでいる町からかなり離れていて、たどり着くのは無理、収容施設と工場と火葬場がある。人を殺すための施設。収容所から奇跡的に出てきた人たちの話を聞くと、狭い部屋に40人~60人が一緒に暮らしていて、全員が寝ることができないので、1/2~1/3づつ寝ている。このように劣悪な空間にいるので病気が蔓延して、死者も出ている。

また、ウイグル人(主に女性)をよその所に移住させている。たとえば黒竜江省や陝西省など。これも中国共産党の施策のひとつ。

わたし(エリキン・スデックさん)はアメリカのNASAで働いている。東トルキスタンに戻り、当局の許可をとって学生にあてて講演をする。すると、それで拘束されてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA